SNSなどで話題のレプロナイザー4Dplus│性能や特徴、その実力をレビュー

雑記|おすすめ商品
スポンサーリンク

SNSなどでも度々話題になっている高級なドライヤーがあります。

レプロナイザーです。

レプロナイザーは、年々進化を遂げており、
現在は、なんと27Dplusというモデルが発売されております。

Bioprogramming Club公式サイトから引用
わか
わか

3D、4Dと来て、
急に7D、27Dとなります。

なんで?とは聞かないで下さい。
私にもわかりません笑

わか
わか

私が彼女にクリスマスプレゼントとしてあげた時には、
まだ4Dまでしか出てませんでした。

そして、現在我が家のヘアーケアデバイスのラインナップは、
以下のようになっており

今回はその中から「レプロナイザー4Dplus」という、
ヘアドライヤーのレビューをしていきたいと思います。

まず、最初にお伝えしておきたいこととしては、

うさんくさい、たかがドライヤー

ドライヤーにそんな金額はもったいない

そう思うのであれば、買わない方が良いです。

お値段を聞いて驚く方もいると思いますが、
このドライヤー、我が家のモデルでも税込金額 57,200円もします。

そんな高価なドライヤーではありますが、
今回は、レプロナイザーの実力をしっかりとご説明できればと思っています。

こちらから購入できます

SNSなどで話題のレプロナイザー4Dplus│性能や特徴、その実力をレビュー

まず、このドライヤーについて、公式サイトでいろいろと調べてきました。

Bioprogramming技術は、
リュミエリーナが開発した独自技術です。

RepronizerやHairBeauronに搭載されたセラミックスには、
時空の物理理論で計算された“場”がプログラミング設計されています。
このようなセラミックスを開発できるのは、
現在世界の企業で唯一リュミエリーナ社だけです。

Repronizerは、Bioprogramming技術を搭載しているので、
熱と風という髪にダメージを与えやすい2種類の環境が同時に存在していても、
使えば使うほどに髪にうるおいを与えつややかにします。

また、風量が強く熱い風にもかかわらず、
髪の乾燥を促進させるどころか髪内部がうるおいつややかでしっとりと乾かすことができ、
従来のヘアドライヤーとは違う体験ができます。

出典:Bioprogramming Club公式サイト

要約すると、髪の毛の美容に特化した技術を発明し、
その技術は、リュミエリーナ社だけしか使えません

本来ドライヤーという物は、使えば使うほど髪の毛が傷んでしまうものだった。

レプロナイザーは、その技術を搭載していることにより使えば使うほど
髪の毛に潤いを与えることが出来るドライヤーです。

わか
わか

なんか髪の毛が大事な人にとっては、
もの凄いことを言っていますね。

そして、下の画像をご覧いただければわかるのですが

レプロナイザーは独自技術のバイオプログラミングを搭載した髪のための美容機器です。
Bioprogramming Club公式サイトから引用
わか
わか

もはやドライヤーだと言ってないです。
これは美容機器だと言ってます。

レプロナイザー4Dplus│基本スペック


そのまま、本体等のスペックの説明に移りましょう。

本体電源AC 100V
消費電力1200W
サイズ高さ253.5×幅247×奥行72.1mm
(ノズルを除く)
重さ約750g(ノズルを除く)
コードの長さ2.6m
公式サイト調べ

結構大きめで重量感もかなり重ためになります。

実際に使っている側の意見としても、
普通のドライヤーよりは重たいなという印象は受けます。

また、風量についてですが、かなり強めで良い感じです。
男性の髪の毛であれば、すぐに乾く程度の風量が出ます。

レプロナイザー4Dplusの使用方法

では、実際に使用についてですが、
公式サイトに正しい使い方が載っていました。

私たちは、基本的に普通にドライヤーとして使っています。

①髪を乾かす 普通のドライヤーと同様に使用できます。 ②「髪の美容機器」として使う 乾いた髪の毛に使用します。 ③気になる部分に集中密度のせ パサつきやすい毛先、うねり、広がる部分にはさらに温風と冷風を繰り返し当てること。
Bioprogramming Club公式サイトから引用

ボタン操作についてですが、このような感じになっております。

もう2年以上使っているので、大分使用感が出ていますが、、笑
「強さ(1,2,3)」と「冷風温風切替」のボタンがあります。

あ、反対側に電源ボタンがあります。(写真用意し忘れてごめんなさい、、)

わか
わか

あとは、私の彼女から教えてもらったのですが

彼女
彼女

こうワシャー!てやらない方がきれいになるよ!
美容室でブローしてもらう感じでやると良いです!

どういうことかというと、、

これじゃダメってことはないけど、
あまり効果が分からないということだそうです笑

わか
わか

まぁ僕は男なんで、これで十分です笑

面倒かもしれませんが、下のようにやると良いようです。

美容室とか行くと、綺麗にブローしてくれますもんね。

知り合いの美容師さんが、ブローも技術と言っていました。
この技術が家でも再現できるというのは、すごいことだと思います。

レプロナイザー4Dplusは買ってよかった?後悔してない?

スポンサーリンク

全く後悔してないです。むしろ買ってよかった

まぁ何より、彼女が喜んで毎日使ってくれてるのが一番です。

言ってもドライヤーに、57200円(税込)です。

私だって、最初彼女のクリスマスプレゼントの調査をしている時には思いましたよ。

わか
わか

レプロナイザーって何なんだ?
ドライヤーって言ってたけどな、、

いやいやいやいや、高いって、ドライヤーでしょ!?

こんなの買えないってば。

しかし、彼女から「買って」とは一言も言われてませんので、
勝手に買おうとしている私が悪いんですよ。

ただ、今は言えます。

今の4Dが壊れたら、7Dのドライヤーに買い替えます。

それくらいの価値があるドライヤーだと思います。

彼女や奥さまへの誕生日やクリスマスプレゼント。

一人の方は、普段頑張っている自分へのご褒美に奮発してみてはいかがでしょうか。

レプロナイザーのグレードによる値段差

先ほども言ったように、レプロナイザーには、グレードがあります。

3D、4D、7D、27Dと現在は4グレード販売されています。
各グレードの値段をみてみましょう。

レプロナイザー各種の値段
  1. 3Dplus:46,200円(税込)
  2. 4Dplus:57,200円(税込)
  3. 7Dplus:79,200円(税込)
  4. 27Dplus:112,200円(税込)

いや、まぁ高いですね。笑

個人的には、27Dはちょっと手が出ないです。
限界7Dかな?という感じです。

3Dと4Dは、1万円程度の差しかないので、
出来れば4Dを購入した方が良いと思います。

よって、購入するのであれば、4Dもしくは7Dをオススメします!

レプロナイザー4Dplusはこちら

レプロナイザー7Dplusはこちら

レプロナイザー4Dplusのメリット│デメリット

高い買い物になりますので、
レプロナイザーについて色々と調べると思います。

私も調べました。

わか
わか

ドライヤーで5万って、、
なんか怪しいな、ネガティブワードで検索かけよう

なので、意外とネガティブワードでの検索が多いというのが、
このレプロナイザーの特徴でもあると思います。

そんな皆さんの元に、この記事が届いてくれていることを、
切に願ってライティングしてます。

うさんくさいと思うなら買わない方が良い

スポンサーリンク


冒頭にもお伝えしましたよね。

「うさんくさい」「もったいない」そう思うなら買わない方が良いです。

人それぞれで物の価値観は違いますので、
どうしても、たかがドライヤーにそんな値段はかけれない。

という方が一定数いるのは、仕方のないことだと思います。

わか
わか

そのような方には、全くオススメできません。
買うのをやめましょう。

逆に、リファやダイソンのドライヤーが気になってるんだよね。
という方であれば、レプロナイザーも候補に入れた方が良いと思います。

レプロナイザー4Dplusのメリット

①髪の毛がツヤツヤに仕上がる

②乾くのがもの凄く速い

③男目線だと、ワックスでのセットで失敗しなくなった

④ドライヤー自体に高級感がありカッコいい

多分、バイオプログラミング技術に繋がってくるのでしょうが、
髪の毛のセットをする時に、全く違う。と思うと思います。

なんか妙にベッタベタになってしまって失敗した!!
ってなることがあったのですが、それがなくなったように感じています。

レプロナイザー4Dplusのデメリット

①ちょっと重い

②デザイン的に折りたたみができないため、保管場所のスペースを取ってしまう

③単純に高すぎる

重量が1kg弱ありますので、
女性の方はちょっと重たく感じてしまうかもしれません。

それ以外のデメリットは、やはり値段が一番ネックになることでしょうね。

ただ、値段以上の価値がある商品になるので、
是非使ってみて欲しい商品になります。

まとめ

私自身、彼女がレプロナイザー欲しいんだよな。
とプレゼント調査で知っていなかったら、
恐らく未だに我が家には、レプロナイザーは存在していないと思います。

ドライヤーは、高くても1万円以下かな。という概念があったからです。

ですが、実際に使用してみて今思うのは、
次も絶対レプロナイザーを買う!ということです。

・大切な人への誕生日やクリスマスプレゼントに

・普段お仕事を頑張っているご自身へのご褒美に

わか
わか

こんな素敵なプレゼントはないと思いますよ!

レプロナイザー4Dplusを購入する

レプロナイザー7Dplusを購入する

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました